FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【情報提供:10/18】住宅エコポイント関連の情報提供

    10/18メールにて建築士会江戸川支部会員にBCCで配信済みの内容です。

    東京建築士会 江戸川支部

    会員 各位

    下記の情報を支部会員よりいただきましたので、皆様に転送いたします。

    各自のお仕事にお役立てください。

    江戸川支部 津端英男

    国交省メルマガに住宅エコポイント関連の記事がありましたので、送信致します。


    1.住宅エコポイントの申請状況(申請受付開始からの累計)
      (1)新築    76,352戸
      (2)リフォーム 141,961戸
      (3)合計    218,313戸 

    2.住宅エコポイントの発行状況(申請受付開始からの累計)
      (1)新築     58,909戸(17,672,700,000ポイント)
      (2)リフォーム 125,965戸( 6,964,459,000ポイント
      (3)合計   184,874戸(24,637,159,000ポイント)

     「住宅エコポイント」は、地球温暖化対策の推進と、経済の活性化を図ることを目的に、

    エコ住宅を新築、またはエコリフォームを行った方に対して一定のポイントを発行するもので、

    このポイントを使って様々な商品との交換や追加工事の費用に充当することができる制度です。

     平成22年9月10日「新成長戦略実現に向けた3段構えの経済対策」が閣議決定され、

    住宅エコポイント制度の1年延長がなされました。これにより、工事の期間が延長され、

    平成23年12月31日までに工事着工(着手)したものまでが対象となりました。

     さらに、平成22年10月8日に閣議決定された「円高・デフレ対応のための緊急総合経済対策」において、

    住宅エコポイントの『対象拡充』がなされる予定となりました。

    『対象拡充』とは、これまでポイントを発行する工事箇所の対象が、

    住宅の壁、床、屋根、窓(ガラス)等だったものから、住宅用太陽熱利用システム(ソーラーシステム)、

    節水型便器、高断熱浴槽の工事へポイントの発行対象を広げて、

    省エネ性能が優れた住宅システムの一体的導入を促進するものです。

     なお、住宅エコポイントの『対象拡充』は、平成22年度補正予算が国会において成立した後に実施されます。

    詳細が決まり次第、お知らせいたします。


     ■住宅エコポイントの概要
       http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000017.html


    <首相官邸ホームページ>
     ■「新成長戦略実現に向けた3段構えの経済対策」P.17~18(PDF形式)
       http://www.kantei.go.jp/jp/keizaitaisaku2010/keizaitaisaku.pdf
     ■円高・デフレ対応のための緊急総合経済対策」P.9~11(PDF形式)
       http://www.kantei.go.jp/jp/keizaitaisaku2010/keizaitaisaku_step2.pdf





    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    ☆「支部入会申込書」
    *)ご興味がある方、誰でも入会できます。

     「支部入会申込書」に必要事項を記入後FAXにて送信してください。

    『建築士会 江戸川支部ホームページ』:http://www.edogawa.tokyokenchikushikai.jp/
    スポンサーサイト

    テーマ : お知らせ
    ジャンル : ニュース

    カレンダー
    09 | 2010/10 | 11
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    最新コメント
    カテゴリ
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。